(かなえ/かなへ)

古代中国の煮炊き用の器の一。一般に円形で三足、また長方形で四足、両耳があり、殷周時代の青銅製の祭器が有名。伝説に夏の禹(う)王が九鼎をつくり王位継承の宝器としたという。

(1)〔金瓮(かなへ)の意〕食物を煮るのに用いた金属の器。
(2)〔夏の禹王(うおう)が九鼎を作り、王室の宝とした故事から〕王位。
また、王位の象徴。

――の軽重(けいちよう)を問う

「左氏伝(宣公三年)」より。晋の景公を破って心のおごった楚の荘王が、無礼にも周の宝器たる九鼎の大小・軽重を問うた故事による〕統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。人の実力を疑って、その地位をくつがえそうとする。また、人の能力を疑う。

――の沸(わ)くが如(ごと)し

〔漢書(霍光伝)〕鼎の中の湯が煮え立つように、騒がしくておさまりがつかない。鼎沸(ていふつ)。

――を扛(あ)・ぐ

〔史記(項羽本紀)〕きわめて力が強いことの形容。「身長一丈(ひとつえ)力能(よ)く―・げたまふ/日本書紀(景行訓)」